アトーチャ駅からバラハス空港まで&ブエリング航空で再度バルセロナへ

スペイン編

マドリードからバルセロナへ移動するため、マドリード・バラハス空港のターミナル4へ。

マドリード・バラハス空港へは、来たときと同様アトーチャ駅からレンファで移動しました。

以前にも書きましたが、アトーチャ駅には地下鉄のアトーチャ駅もあります。

レンファのアトーチャ駅は、「Atocha Cercanias(アトーチャ・セルカニアス)駅」なので、ご注意を!

25~30分ぐらいで、「Aeropuerto T4(ターミナル4)」駅に到着します。

料金は2017年8月時点で、2.60ユーロでした。

行きと帰りのチケットは、こんな感じです。

 

コチラが、「Atocha Cercanias(アトーチャ・セルカニアス)駅」の窓口になります。

 

自動販売機がちょっと苦手という方は、この窓口でも買えます。

英語が苦手でも、「エアポート、ワンウェイ」と言えば通じるはずです。

 

改札はこんな感じです。

 

改札を入ったら、左側の1・2番線(変更になるかもしれませんが…)、床に大きく矢印が表示されているので、そこからエスカレーターで降りて下さい。

下記の写真は少しボケており、しかもこの時は工事中でココのエスカレーターは迂回する必要がありました。

 

空港に着いたら、ターミナルの表示を見つけて下さい。

 

案内板で、自分のチェックインカウンターの番号を探します。(黄色く囲っている場所)

ブエリング航空はwebチェックインして預ける荷物がなければ、チェックインカウンターにも行かずに、そのまま手荷物検査場へ行きゲートへ向かうことが出来ます。

 

調べたチェックインカウンターの番号が書かれてある案内板を頼りに移動します。

 

カウンターの場所に来たら、並んでチェックインします。

マドリード・バラハス空港は、やはりオシャレです。

 

空港の透明エレベーターもオシャレです。

 

チェックインが終わったら、ボーディングゲートの方へ向かい、手荷物検査を行います。

矢印は下方向ですが、スペインでは直進になります。

 

手荷物検査が終わったら、また案内板を見てゲート番号を確認します。

黄色い直線で囲ったところにゲート番号が表示されます。

この時はまだゲート番号が表示されていませんでした。

黄色い点線のところに、ゲート番号表示されるまでの分数が現れます。(この時は12分)

 

ゲート番号が表示されたら、その番号を目指して移動です。

LCCは、遅刻しても待ってはくれません。

そのまま飛び立ちますので、絶対に遅刻しないように、余裕を持って飛行場に向かいましょう!

 

バルセロナ空港に着いたら、先日マドリードに行く時に乗ったバスの半券、上の方に穴を開けられたチケットを持ってバスに乗りました。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。